かねてより耳にしていた「八王子七福神巡り」
年中参拝できるものの
1月の1日から15日までは
七福神が安置されている寺社でご朱印がいただけるのです


今年こそ歩いてみたいと調べてみれば





七福神と言えば
大黒天、恵比寿、毘沙門天、弁財天、福禄寿、寿老人、布袋の7人の神様ですが
八王子ではこれに吉祥天を加えて
末広がりの八と、八王子の八にちなんだ8人の神様が安置されている寺社を巡拝するそうな

すべて歩こうと思えば自宅を出て帰宅するまでに3〜4時間というところ



お参りなれば午前中がベストの筈なれど
ご朱印がいただけるのは8時半〜17時
と言うことは午後でも良いと神様はおっしゃっている

などと勝手に決め付けて
箱根駅伝を見終わった午後も2時頃出かけることになった
急いでも全部足で回るには遅すぎる
さぁ〜て、どうしたものか・・・








ここで中央線登場!
電車で一駅、西八王子までひとっとび







あっという間に西八王子駅着





さぁ〜、地図を見ながら出発です

テクテク、テクテク





10分歩けばある筈のお寺がありません

テクテク、テクテク





やっぱりありません・・・・
これは道を間違えたか





「チョットお尋ねしますが、了法寺はどちらでしょうか?」

「あぁ〜、了法寺はねぇ〜、方向が違うねぇ〜」

「えっ?地図通りに来たはずなんですけど・・・」






軌道修正して歩くこと10分







こんなところにお寺があったとは!





弁財天がおわします、了法寺です


弁天様とも呼ばれている女神です。
商売繁盛の仏神で音楽・弁舌才智・水・芸術の神でもあります。

了法寺の堂内にある弁天像は、新護弁財天と呼ばれ
片手に宝剣、片手に宝珠を持つ姿です。
厄除け、縁結びの功徳があるそうです。



ここで色紙(300円)を購入
ご朱印(一尊200円)を押して頂きました










再びテクテク



目指すは善龍寺、徒歩15分・・・・の予定・・・







おぉ〜、今度は迷うこともなく目的地へ



着いたと思ったら入り口は逆方向らしい・・・
チョットだけ・・・塀を乗り越えて進入したい気分









大黒天が安置されている善龍寺です


頭巾をかぶり、左肩に大きな袋を背負い、
右手に打出の小槌を持っています。

働く人のための授福神です。











お次は信松院です

武田信玄の四女とも六女とも言われる松姫が
姪たちを連れて織田信長に追われて落ちのびて来て
その後仏門に入り創建したお寺だそうな

いい雰囲気をかもし出しているお寺でしたが
区画整理のついで・・・かどうか解りませんが改装されて
何ときらびやかなお寺になってしまったこと!








残っている古い建物の心落ち着くこと

紅梅がほころび始めていました






こちらには布袋様がおわします


布袋(ほてい)様は太った大きなお腹を出し
背中に袋を背負ったにこやかなお顔の姿で
忍耐と和合の神様です

お腹の前のガラスに丸く穴を開け
お腹をさすることが出来るようになっていました
思う存分さすってきました












さぁ〜、次は金剛寺
信松院とは目と鼻の先、とは言っても10分か

日は短いし寒さも増してくるし
自然足早になります










着いた、着いた金剛寺
こちらには寿老尊と福禄寿の二尊が安置されているはずです





寿老尊はひげの長い老人で杖を持つ長寿の神です。

福禄寿(ふくろくじゅ)は短身、長頭で、ひげが多く、
文字通り幸福と禄と寿を授ける神様といわれています。










残すところあと二尊
恵比寿様を目指して歩きます



スタスタ、スタスタ








地図によれば八百屋の角を右に曲がって・・・


あらら・・・
こんな所にこんなラーメン屋が!






これって、本当にラーメン屋?


ラーメン屋のイメージを打ち破るたたずまい

ちょっと覗いてみましょうか



お客が何組か入ってラーメンを啜っている
間違いありません
「中華そば」って書いてあるし・・・



ちょっと入ってみましょうか・・・



でも時間がなくなるし・・・


諦めて素通りしましょう








「ピーナッツの中村屋」を通り過ぎて左に曲がる・・・
「ピーナッツ」の・・・・



あった!「ピーナッツの中村屋」






・・・・・・・・・・

地図に載っているけど営業しているのかな、この店は?




とその時、一台の車が止まり女性が店の中に入って行った

しげしげと店を眺める私たちに
止まった車の運転席から、「ここのピーナツ美味しいですよ♪」と声が掛かった
その声に押されるように店の中へ・・・


どうやら販売もしているけれど製造がメインか?
幾箱かのダンボールの中から
薄皮つきとバターピーナッツを選ぶ
今夜のお楽しみ☆






さぁ〜、思わぬ所で時間を潰してしまいました

恵比寿様、すぐに参ります〜







伝法院です






恵比寿様にお参りしましょう


風折烏帽子(かざおりえぼし)をかぶり釣り竿を持って
鯛を釣っている あるいは かついでいる姿です。

海や漁業の神様、また商売繁昌の神として信仰されています










残るは一尊、いざ急げ毘沙門堂へ




毘沙門堂は小さなお堂です







片手に宝塔を持ち、
片手に薙刀(なぎなた)か鉾(ほこ)または宝棒を持っています

財宝を守り、邪悪や疫病をなぎ払うといわれています
また、四天王の北方を守る多聞天とも呼ばれ
多くの人達からの願いを聞き入れるともいわれています







七福神を祀った寺社でご朱印を頂きほっとした頃には
夕暮れが迫ってきました
これではご利益も半減かも?


吉祥院は特別に遠いので後日ということにしました





真ん中には黄色の宝船
上のほうには「八王子七福神」と書かれた色紙は
毎年色が変わるそうで
7色の色紙が揃うと金色の色紙がいただけるそうな

未だかつて金色の色紙を手にした人はいないとか・・・・












あとはのんびりと家路を辿ります

テック、テック、テック、テック







おや、こんな所に立派な神社が・・・

「八幡八雲神社」

ついでにお参りしていきましょう






茅の輪も潜って汚れを祓いましょう








清々しい気分で
さぁ〜、帰りましょ、帰りましょ!




今年もいい年でありますように〜!



ペコ


ペコ


パンッ!パンッ!



ペコリ





(あっ、お寺では拍手は打たないように書かれていましたわ)









おしまい


ブラウザを閉じて戻ってください